Home > 2008年12月

2008年12月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

「勇気のチカラ」

2008年もあとわずか!

そして今日、大晦日といえば「Dynamite!!2008 勇気のチカラ」開催!!
ゴングまであと数時間と迫ってまいりました。

今年の注目は
『ボブ・サップ 対 キン肉万太郎』
マンガのキャラが現実でガチンコ勝負をするというよく考えるとリスキーな組み合わせ。
負けたらどうすんだ!ゆでたまご先生!!
ちなみに昭和のプロレスでは、ウルトラセブンがリングに上がった事がありました。(無許可で)

『バダ・ハリ 対 アリスター・オーフレイム』
先日のK-1決勝戦で、倒れた相手に殴る蹴るの大暴走をし悪童っぷりをみせたバダ・ハリ。
追放だなんだと言われながらあっさり出場が決まったのには正直ビビりました。
秋山選手に次ぐヒール役としてなのか、これからどう扱われるかが気になる所。
ちなみに対戦相手のアリスター・オーフレイム選手の奥さん、超美人。

そして
『桜庭和志 対 田村潔』
往年の格闘技ファンならこのカード。長年言われ続け、実現しなかった試合が決定。
選手の状態も考え、せめてもう2、3年早くやってほしかった…という思いもありますが
とりあえず実現して良かった。
『所英男 対 中村大介』というカードも実はこのカードに近い意味を持っている事をお忘れなく。
(所選手は前田日明さんの弟子、中村選手は田村選手の弟子)

つまり、
キーワードは『UWF』!!
uwf.jpg

はい、レコードショップのブログという事をすっかり忘れてました。
ごめんなさい!!

セール商品、ジャンルを越えて絶賛、増量中!!
お正月、2日から通常営業にてお待ちしております。
それではみなさん、良いお年を!!

上のレコードに収録、『UWF メイン・テーマ』   テンション上がる曲です。


スポンサーサイト

MIX CD祭り

久々にMIX CDのリリースが続き、MIX CD祭り勃発中!!
そのMIX CDは全て、MUROさん・BBP関連って事で更に祭り状態。


先ずは、MUROさんの「King Of Diggin’ Vol.1&2
伝説的ミックステープ、待望のCD化!!
聴いたことが無かったので、聴きたかった一枚!!

15年近くも前にリリースされたとは思えないクオリティで、
HIPHOPネタ教典とも言える内容が素晴らしく、勉強にもなります。

King Of Diggin



DJ TUS-ONE / SURE SHOT~Tear the Roof Off the Sucker


オールドスクール・マナーを確実なスキルで現在に繋げるK.O.D.P.のDJ TUSONEさんの
ブロック・パーティーの雰囲気を2008年風にアップデートさせた『SURE SHOT』

謎のカヴァー物に、キレキレの生音2枚使い・・・・・・。
いや、とにかく聴いてもらいましょう。



今年ラストBOMBどうでしょうか?

DJ TUS-ONE / SURE SHOT~Tear the Roof Off the Sucker




そして来年、2009年最初のBOMBは

DJ XXXL / DIGGIN' O.S.T.

待ちに待った、XXXL氏の新作。 もう聴かなくても凄いのは明らか。
今年の年越しは、これを楽しみにして過ごしたいと思います。


10120897495.jpg



てな感じで、男祭り全開中。

全てSTEREORECORDSにて取り扱っておりますので、店頭または
メールにてお問い合わせください。

12/27[sat] Hybrid Boogie Special Edition

Hybrid Boogie Special Edition


2008年最後の土曜日、HOUSE、TCHNO、DANCE CLASSICSを中心としたクラブパーティーを
bar edgeにておこないます。ゲストDJはMAKOSSA (Optimo)です。
edgeで最高のダンスミュージックを体感できる事間違いありません。ぜひ、お立ち寄りください。


12/27[sat]
Hybrid Boogie Special Edition
@bar edge
OPEN/START 22:00~
1,500yen[w/1d]


GUEST DJ
MAKOSSA (Optimo)


SUPPORT DJ
POCARI
KICCHOM-SKI(HOUSE OF CIRCLE)
JIN(futuristicLab)
SUGURU(Hybrid boogie)
KOMATSU(Hybrid boogie)


DJ MAKOSSA プロフィール
93年よりDJ活動を開始。現在は第2金曜日「Optimo」@Sacred Spirits(a.k.a cafe Jamaica)での
レギュラー・パーティーをはじめ、東京や中国地方のクラブにゲストDJとして招聘もされている。
また自身がオーナーを務めるオンライン・レコードショップ「Optimo」は、
その高いデザイン性が評価され世界3大広告賞のひとつと言われるONE-SHOW Interractiveの
E Commerce部門で最高のGOLDを受賞した。

名盤紹介。

たまには真面目に名盤の紹介をしなくてはと思いましたので、よろしくお願いします。

今回はこちら
4686.jpg
ORANGE JUICE / YOU CAN'T HIDE YOUR LOVE FOREVER
試聴
FALLING AND LAUGHING
WAN LIGHT
SATELLITE CITY

“ネオアコ”の名盤として名高いオレンジ・ジュースの1stアルバム。

リリースされたのは82年。
それまでのソウルやディスコの流れを理解し、リアルタイムでパンクの誕生を体験した彼らが
この年に放ったこの作品は、80年代以降のバンドサウンドの多様化を予感させる、
まさに“ニューウェイヴ”な心意気を含んでいるように感じます。
この後、彼らは85年の解散に至るまで、ソウル指向が強まっていくわけですが、
僕、個人的にはこのエネルギッシュな1枚が“ネオアコ”というより、
むしろ“ポスト・パンク”という感じがして好きですね。

ちなみに先月彼ら、一夜限りの再結成ライブをしたそうですよ。

12月11~18日 週刊アクセスランキング



1位 NUJABES / BLESSING IT

NUJABES / BLESSING IT


NUJABES / BLESSING IT

HYDE OUTレア盤大人気作!!!
SUBSTANTIALとFIVE DEEZのPASE ROCKをフィーチャーしたタイトル曲もさることながら、
注目はカップリング曲「THE FINAL VIEW」!
YUSELF LATEEFのピアノをメインとするサンプリングが激ジャジーで最高!
JAZZ DJもマストの一曲!


2位 KING JAMES VERSION / I'LL STILL LOVE YOU

KING JAMES VERSION / I'LL STILL LOVE YOU

まだまだ、人気。人間発電所ネタ!!


Continue reading

オーサカ=モノレール!!

先日、オーサカ=モノレールのライブを鑑賞。
フロントマンの中田亮さんによるキレのある動き&シャウト、
相当な練習量を想像させる、洗練された完璧な演奏。
これまで何度もヨーロッパツアーを敢行し、
オーディエンスを熱狂させてきたパフォーマンスは
観る度に凄みを増しているように感じました。

彼らのバンドコンセプトは、「1968年~1972年のFUNKサウンド」。
たった4年間のいちジャンルの音を、17年間演奏し続け、
それでいてさらに解釈を深め続けるという姿勢に、
当時のFUNKサウンドが、いかに多くの魅力で溢れているかという事を
彼らはバンドを通して伝えてくれているように思います。

中田さんはライブのMCでこんな感じの事を話してました。

“オーサカ=モノレールという名前、最初はダサいと思ってて何度も改名しようと思った。
でも17年やってきて、オーサカ=モノレールって名前がカッコイイ音楽をしてるバンドだと
全国で認識してもらえるようになった”

オーサカ=モノレールの魅力、つまりFUNKサウンドの魅力は、
確実に現代に蘇ってきてたくさんの人に伝わっています!

3197.jpg
OSAKA MONAURAIL / WE GOT ONE (A SHOW)

試聴
WE GOT ONE (A SHOW)

新セールコーナーが凄い


って、スタッフが言うのもなんですが、僕もガッツリ見てガッツリ買いたい
オールジャンルセールコーナーができました。

よくあるセールと違って、本当に純度が高い「掘れる」セールです。
600円と300円の2つの価格で買いやすい。
コーナー初日の今日は、朝一から大好評でした。


暇さえあれば商品追加中。
店長曰く、「目玉が出る」「ボケる」らしいので是非、店頭もチェックしてみてください!!


DSCF5128.jpg

DSCF5126.jpg

DSCF5127.jpg

DSCF5131.jpg

DSCF5129.jpg

DSCF5130.jpg

ハニジャケ - はちみつ&蜂

ど~でもいい話ですが、
秋頃、はちみつジャケットにはまってました。

理由は「蜂蜜の色が綺麗」それだけです。
で、色々探して見たんですが・・・・・あんまりないですね。


一番お気に入りなのがOHIO PLAYERS / HONEY
ハチミツ+ドロドロなプーさんワールド。

OHIO PLAYERS / HONEY



BLACK SHEEP / STROBELITE HONEY

ナイス発色。

BLACK SHEEP / STROBELITE HONEY




HARVEY MASON / FUNK IN A MASON JAR


ドリップがない綺麗系。

HARVEY MASON / FUNK IN A MASON JAR


ハチミツはこれくらいしか見つかりませんでしたが、
Waxpoeticsの創刊号でMUROさんが「ハニカムジャケ」を幾つか紹介していて、
「これもいいな」と。


A TASTE OF HONEY / ANOTHER TASTE

A TASTE OF HONEY / ANOTHER TASTE

A TASTE OF HONEY / SAME

A TASTE OF HONEY / SAME

オマケにハニカムセンターラベルも。

honey.jpg


だからどうしたって感じの、ハニジャケ集でした。

12月3日~10日 週刊アクセスランキング


1位 FANTASTIC PLASTIC MACHINE / CONTACT

FANTASTIC PLASTIC MACHINE / CONTACT

FANTASTIC PLASTIC MACHINE / CONTACT

急浮上した意外な1位。 なぜ?
確か甘~いメロウな曲だったハズ。試聴付けておきます!


2位 LULA CORTES E ZE RAMALHO / PAEBIRU

LULA CORTES E ZE RAMALHO / PAEBIRU

LULA CORTES E ZE RAMALHO / PAEBIRU

オリジナルは驚異の6桁越えとも言われるブラジリアン・サイケ幻の一枚が
UKのMR.BONGOよりアナログ再発!! 
動物の鳴き声や土着的なリズム・セクションとフルート、
まるでLSDを吸い込んでブラジルの密林に迷い込んだかのようなサウンド・アレンジは
コレこそサイケデリックと形容したい白昼夢のような一枚。


Continue reading

MONDOとは何か

レコ屋のスタッフとしてあるまじき発言、そして宣言をします。

「MONDOって何?」

正直今の仕事するまで、このジャンルの事をはっきり知らなかったんですよ。
いや、今現在も分かりません。

「モンド」と聞くと頭に浮かぶのは、
60年代のデタラメなイタリア製ドキュメント映画「世界残酷物語」だとか、
密林の原住民が、悪さした文明人をこらしめる映画、「食人族」とか、
気分の悪い映像をひたすら流すだけの「ジャンク」シリーズだとか。
とにかくエログロ映画ジャンルとしての「モンド」しか出てこない訳です。

で、当店のモンドコーナーの作品に注目。

8644.jpg
PERCUSSION LTD / PERCUSSION FOR LOVERS
試聴
THE LOOK OF LOVE

7565.jpg
THE LIGHT BRIGADE / THE BEST OF THE MOVIES THEMES 1970
試聴
GOODBYE . COLUMBUS

…お洒落じゃん。
どうやら「モンド・ミュージック」はお洒落な物が多いっぽいことを発見。

映画はエログロなのに対し、音楽はお洒落そのもの。
敢えて共通点を挙げるとするなら「全裸」?
しかし映画「食人族」に出てくる原住民たちの全裸とは何か違う、
全裸のカップル、家族だって映画には出てきた。
いや、人種とかそんなんじゃなくて、何か…質が違う。

ますます分からなくなってきました。
が、とりあえず一つ分かったのは、「モンド音楽」という名の下には
全裸すらもお洒落に思わせるチカラがあるという事ですか…ね。

年明け早々に

面白そうなイベントが!

1月30日、広島CAVE-BEにてenvyのライブが決定!!
さらにさらに、ゲストは、新婚さんのこの人!!

広島では以前、MOGWAIの来広ライブの時、ゲストで出演し、男気ある轟音を聴かせたenvy。
ここ最近、ギターウルフから曽我部恵一などロック関係のミュージシャンとの共演も目立つ
DJ BAKU。

なんかちょっとワクワクしません?

7943.jpg
THURSDAY / ENVY  / SPLIT ALBUM

5343.jpg
DJ BAKU / SPIN STREET REMIX
試聴
SPIN STREET (REMIXED BY OAK)
KANNIBALISM (REMIXED BY GOTH-TRAD)

しかし、アレですな。実に男臭いイベントですな!! (良い意味で)

店内の過去~現在


今週末は大量に溜まった商品の整理を決行。
平積みになったレコードを下におろして、見やすくなりました!!

HIPHOPもCLASSIC / WEST SIDEを分けた陳列でほんと探しやすいです。


ちょうど昨日、レコ屋のBLOGを色々チェックしていたら、STEREOの2年前のブログが引っ掛かり、
2年前のオシャレでスッキリな店内画像が(笑)

blog開設しました!!

STEREO RECORDS


確かに、僕がまだ客で出入りしていた時はこんな感じでした。


そして現在

STEREO RECORDS

これぞ本当のタワーレコード。映画館の名前なんかじゃありません(笑)
この記事が可愛く見えてしまいます。

でも、これでもだいぶきれいになりました。
入口前のタワーの高さも40cm位低くなり、SOUL・ダンクラ以外平積レコードも無し。
これから裏側も2段になる予定なので、
かなりスッキリ、見やすくなるのではないかと思います。

ご期待ください!!

Flat special vol.10 Guest クボタタケシ!!

Flat special vol.10 Guest クボタタケシ!!



Flat special vol.10

2008.12.12(fri) @ スリムチャンススタジオ
open 10pm to ?am keep on dancing!

adv :2000yen+1drink order
door:2500yen+1drink order

MOST HARDEST WORKING DJ...
KUBOTA TAKESHI!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

AND GUEST DJ:
KAMATA HIROSHI(from M.Y.C.)
(EARTHBEAT)

Djs are:
Nakamata
Nishikawa
K★ta
Shinyeah!

音楽漬けカップルに贈る1曲

『れぇこぉぉどぉぉ~♪  めくるめく想い出の名盤~♪ 

割るに割れない割り切れぇ~なぁいぃ~♪ 美メロなだけに尚更…やりきれないぜ♪』

という実にセンスの良い冒頭の唄い出し。
このレコードに収録されている曲で、タイトルはもちろん「レコード」。

8322.jpg
CRAZY KEN BAND / MAN HAN QUAN XI

試聴
LA NOCHE DEL BARRIO CHINO
RECORD

とにかくこの曲、メロウな展開で繰り広げられるこの歌詞がスゴイ!
要するに、あるカップルが不仲になってきた状況を、仲良かった頃を思い出しながら、
「どーしたもんかなー」と悩んでる男の心情を描いた内容なんですが、

『俺のレコメンドする音楽に反応すらしなくなった』

この一節が地味にリアル!
剣さんの実体験なんじゃないかと勝手に想像が膨らみます。

当店にも、カップルでお越しになるお客様がたまにいらっしゃいますが、
もし相手がある日を境にオススメする音楽をスルーし始めたら危険信号らしいので
ご注意を。

さて、これをふまえまして、もうすぐクリスマス。
当店ではプレゼントに相応しい甘~い内容のレコード、たくさん揃ってますので
相手に贈る用でも良し、まったり聴く用でも良し、
想い出の名盤をぜひ探してみてください。

Home > 2008年12月

Twitter
    STEREO RECORDSのTwitter

follow STEREORECORDS at http://twitter.com
   
SHOP LINK
Search
イベント情報
Other
    myspace
    mixi
    広島ブログ
Recent Comments
Recent Trackback
Meta
Links
Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。