スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

STEREO RECORDS 大忘年会

16555132.jpg




STEREO RECORDS 大忘年会

12月11日(金)に音楽食堂ondoにてEXTRA! EXTRA!からDJ TUS-ONE、UNIVERSOUNDSからRYUHEI THE MANに地元強力DJを揃えての開催です!




日時 : 2015年11月日(金)
時間 : 開場 22:00

会場 : 音楽食堂ONDO
(広島県広島市中区三川町5−15)

DJ:
DJ TUS-ONE
RYUHEI TE MAN
DAI
HISATOME
OZAKI
SATOSHI
TOYOIZUMI
YOSHIMURA
YUICHIRO
YUKI

料金 : 2,500円 (ドリンク別)

お問い合わせ : STEREO RECORDS (082-246-7983)

●DJ TUS-ONE
言わずと知れた日本屈指のヴァイナルジャンキー。KING OF DIGGIN'ことMURO率いるK.O.D.P.にも所属。1989年、HIP HOPに出会い以後ヴァイナルハンティングを通じてHIP HOPのルーツを掘り続けている。過去の代表作としては"RAP CLASSICS""KING OF DIGGIN'#7""YA DIG?"やDJ KOCOとの"UNTITLED VOL.1"等のMIX CDがあり、どれもクラシックとして高い評価を得ている。昨年末には名門BBP RECORDSからMIX CD"SURE SHOT"をリリースし早くもマスターピースとの呼び声が高い。近々パート2をリリース予定。JAZZY JAY, RED ALERT,KID CAPRI等に最も影響を受けたという彼のDJスタイルは、SOUL,FUNK,JAZZ,DISCO,LATIN等などHIP HOPが持つ様々な要素を膨大な知識から繰り出す抜群の選曲、そしてそれらをB-BOYの代名詞、ぶっといGOLD ROPE CHAINのように一本につなげていく確実なスキルに裏打ちされている。彼のオーンリーワンなクラブプレイはまさに進化形ブロックパーティー!

http://tus-one.blogspot.jp/

●RYUHEI THE MAN
90年代半ばよりレコード収集、執筆、DJ を中心とした音楽活動を始め、ファンク/ソウル/レアグルーヴ/ヒップ・ホップを中心としたジャンルを、都内で開催されているイヴェント『WAH WAH』、『HONEY DRIPPIN'』、『EXTRA EXTRA』などを中心に、都内、全国各地でプレイ。 ジャンルと年代を完全に超えた幅広い選曲と安定したプレイには定評があり、オリジナリティーに溢れた黒いグルーヴを生み出すDJの一人としてファンの絶大な支持を得ている。2001年より国内外のトップ・DJ、コレクターも絶大な信頼をよせるレコード・ショップuniversounds(www.universounds.net)を主宰、ブラック・ミュージック全般にわたる豊富な知識をいかんなく発揮している。02年にはDEV LARGE氏らとMIX TAPE『BROTHERS ON THE RUN』を、03年にはDJ SHADOWによるアルバム『THE PRIVATE REPRESS』において日本人代表として参加。04、06、07、10年にはソロMIX CD『A MESSAGE FROM THE MAN 1/2/3/4』をリリース。その品質の高さで国内外問わず話題をさらった。05年には国内初となるFUNKの7インチのみによるディスク・ガイド『FUNK 45's』に筆者として参加。09年にはレアグルーヴのバイブルとなるディスク・ガイド『Rare Groove A to Z』に筆者として参加。同年には自身のキャリア初となるオフィシャルMIX CD『NEXT MESSAGE FROM THE MAN』をリリース。最近では、MURO氏& KING INC.主宰によるブログ集合体KING INC. BLOGにメンバーとして参加、シーンの活性化にも貢献。 更に、国内ミュージック・フェスティバルの最高峰、フジ・ロック・フェスティバル '10にDJとして出演。また、ファン待望のオフィシャル・ミックスCD第二弾となる『NEXT MESSAGE FROM THE MAN 2』をリリース。2011年にはKASHI DA HANDSOME氏とミックスCD『SOUNDTRACK TO THE STREETS』をリリースし、KGE the shadowmen「Stay Stoned Pt.2」で遂にプロデューサーとしてデビューを果たす。2012 年2月には、自身初のバンド・プロデューサーとしてのデビュー作、Q.A.S.B.「The Mexican」を収録した、オフィシャル・ミックスCDの第三弾となる『NEXT MESSAGE FROM THE MAN 3』をリリース予定。レコード・ショップ・オーナー、DJ、プロデューサー、執筆と多方面で幅広い活躍を見せている。

https://twitter.com/ryuheitheman

スポンサーサイト

祝アナログ化 NUMBER GIRL回想録 GODBIRD編



NUMBER GIRLのメジャー3タイトルが遂にアナログ化しますね~!!
当時からアナログ化を求める声多かったので正に待望じゃないでしょうか。

NUMBER GIRLは95年に福岡で結成され02年11月30日に解散したバンドでメジャー期間は1999年から2002年と非常に短く若い子の間では伝説のバンドになってます。




SCHOOL GIRL DISTORTIONAL ADDICT

1999年発表の記念すべきメジャー1sアルバム!!

発売された時の衝撃たるや!!って感じでしたね。
ライブでも終盤に演奏される人気ナンバー多数収録!!

91015.jpg



SAPPUKEI

2000年発表のメジャー2ndアルバム!!

マーキュリー・レヴのメンバーでフレーミング・リップス等のプロデュースでお馴染みのデイヴ・フリッドマンをプロデューサーに迎えて製作された1枚で、このアルバムが1番好きという声も多いです。格段に音が良くなってバンドのポテンシャルが一気に引き出された感じです。「TATTOOあり」や「ZEGEN VS UNDERCOVER」は何度聴いても鳥肌もんですね。

91016.jpg



NUM-HEAVYMETALLIC

2002年発表の最後のアルバムとなった3rdアルバム!!

前作「SAPPUKEI」に続きデイブ・フリッドマンがプロデュースを担当。祭囃子リズムやダブなど向井秀徳の幅広い音楽性が開花した1枚。所謂、ロック・バンドという枠を超えて支持される超名作!!

91017.jpg





そんなNUMBER GIRLのアナログ化を記念して広島の当時の事を僕(GODBIRD)視点で少しだけ振り返ってみたいと思います。

広島の記念すべき初ライブは2001年の「INAZAWA CHAINSAW」で広島並木ジャンクションに来た時で、前年の2000年に岡山であったPOLYSICSとの対バンイベント「addictive music」の際に広島のMC木村ミチタさんが熱烈オファーした事で決まったとか。真偽のほどは解りませんが。。

メジャー2ndアルバム「SAPPUKEI」のリリース・ツアーでも広島ライブは実現しなかったので正に待望の!!って感じで凄くみんなのテン ションが高かったと記憶してます。

で、その日の夜に鷹野橋のスリム・チャンス・スタジオで向井君がオーディエンス3~5人を相手にTHE CLASHの「SANDINISTA」からDUBナンバーを中心にDJしてくれました。僕もその場に居ましたがそれ以上の事、あんま憶えてないです。。。

その後の2001年「騒やかな群像」ツアーでも広島並木ジャンクションでのライブが実現したり2002年「NUM-HEAVYMETALLIC TOUR」 で広島クラブクアトロにステージを移して同年秋の「NUM無常の旅」ツアーの広島クラブクアトロが広島最後のライブなんですね。

「NUM無常の旅」ツアーの広島クラブクアトロでは「tHE CLUB ROCKS」がオープンニングDJを務めていて、僕は当時務めていた前職の仕事をダッシュで終わらせて満員のクアトロの扉を開けたら友人のDJ、DAI君がALLの「SHE’S MY EX」をかけてて凄く気分が高揚したのと同時に二人並んでライブ見て涙した記憶があります。

その夜は「tHE CLUB ROCKS」主催で非公式のアフターパーティーが、これまた鷹野橋のスリム・チャンス・スタジオで催されました。メンバーも全員来てましたね。

別タイミングでCOMMUNEというクラブ行ったりした記憶もあるのですが、それがどのタイミングかは憶えてないのです。。。そういえば福岡ZEPPにROCKAHOLICやdowny、smorgasとの対バンイベント観に行ったりも したなぁ。

あ、あと当時の向井君や僕はHIP HOPも大好きでBUDDHA BRANDのNIPPSや雷のRINO等のラッパー話で盛り上がった記憶も。

僕は現在レコード屋を経営していて、店頭で色んなお客さんと話をしますが僕が思ってる以上にNUMBER GIELの若い子への影響力は絶大だし、今のバンドの音作りを聞いても明らかにNUMBER GIRL以前/以後で変わったと思ってます。

今回のアナログ化はもう嬉しい1つポイントがあって「15th Anniversary Edition」デイヴ・フリッドマンがリマスターした音源でのアナログ化になります。これが本当に素晴らしいリマスターで、当時CDを何度も聴いたリスナーにとっても新鮮な響きだと思います。

更に3タイトル同時購入で非売品7インチ・シングル(収録曲:「ウェイ?」、「SAMURAI」)付き。
これは絶対に買うしかないっしょ!!










Home

Twitter
    STEREO RECORDSのTwitter

follow STEREORECORDS at http://twitter.com
   
SHOP LINK
Search
イベント情報
Other
    myspace
    mixi
    広島ブログ
Recent Comments
Recent Trackback
Meta
Links
Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。